Gallery 前田

Gallery 前田は水彩画のホームページです。しかし、自宅では油彩、教室ではガッシュやパステルにも挑戦しています。

管理者 前田和男

ブログ

サイト管理人のブログです。 このページには、水彩画の制作時に感じたことや鑑賞等、絵に現わせなかったことを拙い文章で恐縮ですがお伝えしたいと思っています。画像を軽くタッチすると拡大画像になります。閉じる場合は右上のX印を軽くタッチください。元の画像に戻ります。

ブログが新規公開された場合にメールで自動的にお知らせ出来るようになりました。ご希望の方は、次の「メールアドレス」欄に登録されるとお知らせ出来ます。不要の場合は何時でも削除可能です。


 



 

ブログ一覧

あけび、秋の果物


家内が語学教室の仲間から庭に植えている秋の果物である「あけび」を頂いてきた。以前にも、頂き物を描いたが、今回は二房、計4個を頂いた。私は、このような果物を丁寧に写実的に描く気力がなく、いつもの感覚で描いた。

また、今回一緒に頂いたオレンジの果物を調べたが名前が判らなかった。アケビの一種かなとも思ったが表面が艶々しているし柿のようであるが柿ではない。

あけび ワトソン紙 F6号 2019/11/11

紅葉を描く、目白庭園、目白駅


先ずはお知らせ:9月4日にアップロードした水彩画「シャルダン風の静物」P20号 を今秋(2019年度)の第39回浦安市美術展の洋画部門に出品したところ奨励賞を受賞しました。今一度ご覧いただければ幸いです

浦安市美術展の受賞履歴

2016年度美術展 佳作賞 「コラージュ、人形と静物」 F20号

2013年度美術展 奨励賞 「西洋人形と静物」 F20号

2010年度美術展 奨励賞 「アンティーク・ドール」 F30号

本日は紅葉を描くとして都内の目白庭園でスケッチ会がありました。しかし、紅葉の盛りに開催されるライトアップが23日からなので約2週間早かったので部分紅葉という状態でした。しかし私は2週間後は、こんな状態になるのではないかと想像して描きました。

庭園での主役は六角浮き見堂、脇役は石塔と構図を配置した。写真1でどうにかP6号に納まるようだったが、浮き見堂の右が寂しいので写真2と合成した。また写真1を全て描くと主役と脇役が間が空きすぎるので省略した。ということで構図は大きく変更した。

目白庭園、ファブリアーノ紙 P6号 2019/11/07

写真1

写真2

 

 

洋館を描く、青淵文庫、飛鳥山公園、JR王子駅


今日は秋のスケッチ会に参加した。都内なので自宅から近かった。早く着きすぎて(9時35分)王子駅前から公園まで無料のエレベータ風乗り物が10時からだったので坂を歩いて登った。この歳にはきつかった。特に、心臓が弱い私にとっては良くなかった。しかし、自分が気に入った構図で描けた。

今まで書いたのと違う洋館、渋沢栄一ゆかりの建物で、応接に利用していたようである。

青淵文庫、飛鳥山公園 ファブリアーノ紙 P8号 2019/10/31

夜電球色で撮影したものが下記の絵です。この方が実絵に近い。

 

ため息橋、ヴェネティア(加筆修正)




今週は、2週間前に写真を見て描いたものを、最終仕上げする2回目であった。私は既に家で仕上げていたが(このホームページにもアップロード済み)、その絵を持参した。しかし、今日は敢えて写真を持参しなかった。写真を見るとどうしても細部にこだわり、細かく描きすぎる癖が抜けきらないからである。本日の命題は「主役、脇役の区別をつけながら、かいつまんで細部を描きこみましょう。」であった。

持参した絵の一部を水で洗い、大まかな色づかいにして、主役部分の「ため息橋」を加筆修正した。そして明暗をもう一度見直してみた。

ため息橋 ファブリアーノ紙 F6号 2019/10/23 加筆修正

都心にも秋が来た


東京新聞に和田さんという写真家が日比谷公園の池の周りの風景を投稿していた。ちょうど、秋の雰囲気を描きたいと思っていたので参考にさせて頂いた。ただ、写真のように細かく描くのが本意ではないので、色彩として秋が感じられたら良いと思っている。絵を写真にとったら、明るくなりすぎているので不本意。実写に近くカメラを調整したいと思っている。カメラを変えて撮りなおしました。

 

都会にも秋が来た ワトソン紙 F6号 2019/10/17

十年ほど前のNIKON COOLPIX2000で撮ったのが次の写真です。