Gallery 前田

Gallery 前田は水彩画のホームページです。しかし、自宅では油彩、教室ではガッシュやパステルにも挑戦しています。

管理者 前田和男

川崎、日本民家園で合掌造りを描く

川崎、日本民家園で合掌造りを描く

本日のスケッチ会は、川崎市立「日本民家園」にて古民家を描くがテーマであった。私は、合掌造りの古民家を選んだ。昔から飛騨高山で合掌造りの家を描きたいと思っていた。できれば、雪景色の合掌造りをと思っていたが、そんな遠いところまで売れる絵を描くなら別だが、旅費を使って素人がと家族に笑われるのが落ちである。たまたま、今回のスケッチ会が古民家で、事前にWEBで調べたら、合掌造りが沢山あることが判った。

皆さんは、狙った合掌造りを一軒丁寧に描いていたが、私はP6号と幅広い画用紙を持って行ったので、横書きで一軒の合掌造りの正面ともう一つ小回りの横向きの合掌造りの部分を描くことにした。

正面の合掌造りは「岐阜県大野郡白川村長瀬 19世紀前期に建てられた旧山下家住宅」とのことであった。川崎市に移築して小川町で観光料亭として活用していたものを再移築したものとのことである。横向きは「越中五箇山の利賀集落から移築した合掌造りで旧山田家住宅」とのことである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飛騨の合掌造り ファブリアーノ紙 P6号  2018/04/20

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Hits: 510

« »

コメント

  • 鈴木直久 より:

    現役時代の最後の10年近くを東京で暮らしましたが、古民家園という施設があることを知りませんでした。
    岐阜県出身なので合掌造りには、特別な親しみを持ち、若いころに白川村に二度行きましたし、五箇山では合掌造りの民宿に泊まったこともあります。
    ところで水彩画の作品ですが、筆の動きに淀みがなく一気に仕上げられたように感じます。色調の工夫と合わさって、並置されている毅然と建つ写真とは対照的な清新さと親しみを感じます。

  • 前田和男 より:

    宮口さん

    コメントありがとうございます。
    浦安からは結構遠い遊園地ですが行って良かったです。
    ただ、吉祥寺教室からは私一人で、皆さんは横浜、関内教室の人達でした。

    前田和男

  • 宮口 守弘 より:

    色々なことに挑戦されていて感心します。

    川崎のこの古民家園には数年前にハイキング仲間と一緒に行きました。版画にもしたい古民家がありましたが出来ていません。

    上手くまとめて素晴らしい絵に仕上がっていますね。

    先日、クロッキーも勉強中の版画仲間のクロッキー
    展があり出かけました。クロッキーが絵の原点でもあように感じました。

    前田さんのこのHPは何時も拝見していますが沢山学ぶことがあり楽しみです。

                2018年4月20日

    • 前田和男 より:

      鈴木さん

      コメントありがとうございました。暑い日でしたが10時半から14時半までおにぎりを食べながら完成させました。写真を見ながら描くこと(先週と来週)も習っていますが、現場で描くことは細部に拘らず描けるので(今回は結構省略した)良い勉強になります。