Gallery 前田

Gallery 前田は水彩画のホームページです。しかし、自宅では油彩、教室ではガッシュやパステルにも挑戦しています。

管理者 前田和男

フラメンコダンサーを描く

フラメンコダンサーを描く

久しぶりに人物、しかもフラメンコダンサーであった。朝10時から16時まで、おにぎりを食べながらの昼食時間を含めて7時間の作業であった。当然、P20号の大きな画用紙を持参した。

ダンサーは丸顔の若い女性であったが私は、女性には申し訳ないがおばさん風になってしまった。縦長のP20号なので、全身像を描くつもりでスタートしたが、30分のデッサン後、顔から着色してバランスを見るために廊下に出て4-5m離れて見ると顔が大きすぎて6頭身になってしまった。急遽、デッサンをやり直して(顔は着色済みなので)首から下を見直して腰まで程度でカットした。かわいい黒のダンサー靴は描けなかった。

ダンサーは、ピンクと赤、えんじ色に近いドレスに茶色のシースルーのショルダーを羽織っていた。ショルダーには可愛い刺繍があったが、これを描く緻密な腕は私にはないので、ショルダーの雰囲気を出せればと悪戦苦闘した。結果的には成功したと思っている。製作時間は20分のポーズを休憩5分を挟んで9回、合計3時間であった。この製作前にF6号用紙に20分のクロッキーを3ポーズ描いた。簡単な着色をしたが、消しゴムを使ってデッサンに時間をかけることが出来なかったの相変わらずのモデルに申し訳ない絵になった。2枚のみサムネイル画像でアップした。

 

フラメンコダンサー ファブリアーノ紙 P20号 2018/05/30

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Hits: 19

« »